ダニシート気持ち悪いけどだからすごい!おすすめダニ捕りシートはこれ!

【ダニ捕りロボ】圧倒的に違う、迷うことなしイチオシのダニ取りシート

ダニ捕りロボレビュー

 

「どれがいいと思う?」と聞かれたら、
  間違いなくこれだと答えます。

 

他のダニシートと圧倒的な差をつけておすすめしたい「ダニ捕りロボ」。

 

評判や口コミなどでも人気が高いのも納得、ダニ捕りロボはダニを駆除する仕組みが全く他と異なります

 

ここではそんなダニ捕りロボの商品の詳しい解説します。

 

私が実際に使ってみたレビューも掲載していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

どんどん集まる「ダニ捕りロボ」のこの【誘引力】

 

良いダニシートの条件は、

 

ダニ捕りロボレビュー

 

【誘引力】しっかりとダニを集めることができることと、
【捕獲力】集めたダニを二度と逃さないこと

 

この2つがともに優れているもの。

 

 

ダニ捕りロボの【誘引力】についてはこの公式実験動画を見るのが一番わかりやすいと思います(でも気持ち悪いです!虫が嫌いな人は注意)。

 

 

これはダニ捕りロボに実際に使用されている誘引剤でどのくらいダニが引き寄せられるかを実験した動画だそうです。

 

10倍速ですが、すごいですよね。どんどん集まってくる。

 

ダニシートはそもそもこの誘引力が弱ければ、全く意味がないわけです。

 

1枚のシートでどれだけしっかり布団やマットレスの奥まで入り込んだダニをおびき寄せることができるか、これが鍵

 

ダニ捕りロボの誘引力はシングルベットには通常のレギューラータイプのシート1枚、ダブルベットならラージサイズ1枚でしっかりとダニを誘い出すことが可能です。
・・・ダニシートとは名ばかりで全然ダニを集めてくれないシートもあるんですよ、ホント

 

 

これがダニ捕りロボの誘引力のすごさです。

 

特許取得の【捕獲力】、捕らえたダニは乾燥させて死滅

 

そしてダニ捕りロボの最大の特徴がこの【捕獲力】。

 

一般的なダニシートの場合は、集めたダニは粘着シートでの捕獲方式を取っていて、粘着シートに張り付くことで動けなくなり、生け捕りにして捕獲をしています。

 

しかしダニ捕りロボの場合は、ここが全く違います

 

ダニ捕りロボのシートには吸湿性セラミック剤が入っていて、ダニの体に付着すると体の水分を奪います。

 

ダニの体は80%が水分なので、体が乾燥すると死んでしまうというわけです。

 

ダニ捕り特許

 

これがダニ捕りロボの捕獲の仕組みです。

 

「一般の粘着シートタイプに比べてどこがそんなにすごいの?」

 

という点ですが、粘着シートタイプの場合はシートの上でダニは生きています。

 

ですので、そのシートの粘着力が弱かったら、もしくはダニの動く力の方が勝っていたら、一度は誘引剤で集めることができてもダニは逃げたい放題です。

 

誘引剤が効いているうちは気持ちよくシートの中にいてくれるかもしれませんが、誘引剤の力が弱くなってきたら・・・

 

そうです、そのまままたシートの外で出て行ってしまうということも当然考えられるというわけです。

 

その点、このダニ捕りロボの場合は確実にそのダニを死滅させていますから、ダニが再びシートの外に出てしまうという心配はないのです。

 

 

「なぜ他のシートはそれをまねしないの?粘着シートのままなの?」

 

ですよね。
どう考えても粘着シートよりも確実そうですし、もっとこの捕獲法のダニシートが出てきてもおかしくないのに、おかしいですよね。

 

でも、これには理由があって、ダニ捕りロボのこの方法は日米両国で特許を取得しているんです。

 

ですので、他社はこれをまねることはできず、ダニ捕りロボだけがこの画期的なシステムのダニシートを発売できているというわけです。

 

ダニ捕り特許

 

 

実験結果がその性能を裏付け

 

ダニ捕りロボのダニシートとしての性能は、各種実験結果でもそれが証明されています。

 

6週目でシート内のすべてのダニが死滅

 

まず、「本当にダニは乾燥して死滅するのか?」という点ですが、6週目にはすべて乾燥して死滅することが実験結果で出ています(ダニ増殖抑制率100%)。

 

ダニ捕り特許

 

一度シートに入り込めば、もう2度と出てくることはなく、そのまま100%死滅するということです。

 

自信があるから受けれる「ダニ匹数検査サービス」

 

誘引力の方はどうかというと、これは先ほどのダニが集まってくる動画でも実証されているわけですが、

 

「大げさな動画なんじゃないの?実際にそんなに集まるの?」

 

とやっぱり思ってしまいますよね。

 

これは実際に使って信じてもらうしかないのですが・・・。

 

ただ、ひとつこの商品の信頼性をわかってもらうための証拠として、「ダニ匹数検査サービス」というものを行っているということを上げておきます。

 

これは一般の顧客から希望があれば受け付けているもので、使用済みのシートでをメーカーに送ると、そのシートにダニが何匹いたかを詳しく検査をしてくれるというものです。

 

ダニ捕り検査

 

この検査は有料ですし(結構高い)、実際には誰が頼むのかな??と思ったりもしたのですが、

 

「誰からでもこの検査を受け付ける」

 

というのは、確実にダニを集めることができるという製品への自信があるからだと思います。

 

あまりダニを集めることができない低品質のシートでこれを行ったら、即クレーム問題です。

 

 

 

以上にようなことからも「ダニ捕りロボ」の品質についてはぜひ信じて欲しいですし、我が家ではダニに刺されなくなり完全に効果を実感しています。

 

 

では「実際に使ってどう感じたか?シートはどんなふうになっているのか?」などについて次で詳しくレビューにてご紹介します。

 

 

【レビュー】ダニ捕りロボを使ってみました

 

ダニ捕りロボレビュー

 

ダニ捕りロボは、このように本体ケースと誘引マットの2つに分かれていて、本体ケースの中に誘引マットをセット使います。

 

誘引マットはそれぞれ個別で密封されているので、未開封の間は薬剤は弱まることがありません。

 

ここも実は確認のポイント。
ダニシートの中には個別包装ではなく、複数枚が一緒に入っているものがあります。
この場合、開封と共に誘引剤の薬効がどんどん切れていくため、全てを一度に使わなくてはいけません。

 

ダニ捕りロボレビュー

 

誘引マットは脱脂綿な形状でやわらかい素材で、若干しっとりしているように感じました。

 

フルーツ酢のような甘酸っぱい匂いがしますが、強く匂うというようなことはありません。

 

しっかり鼻を近づけると感じるという程度のものです。ここにダニが好む誘引剤がしみこませてあるというわけです。

 

ダニ捕りロボレビュー

 

薄さは5ミリどほでしょうか。

 

ダニ捕りロボレビュー

 

これを本体ケースにセットします。

 

本体ケースはざっくりとしたメッシュ状になっていて、堅めでハリがあります。

 

このメッシュの間を通って誘引マットにダニが入っていくのです。

 

「ダニを集めるのは誘引マットでしょ?本体ケースっているの?」
実はここ、使わなくて済むなら価格的にも安く済みますし、私も気になったところで、メーカーさんに聞いてみました。
メーカーのお話では、誘引マットだけですとやわらかい素材なので、布団やマットレスに上から大きな振動などがあると、誘引マットだけではよれてしまい、中の誘引剤が漏れてしまう可能性があるそうです。
それを防ぐためにこの少し堅くハリがある本体ケースに入れて使用して欲しいとのことでした(納得)。
※ちなみに本体ケースは1度買ったら何度でも繰り返し使用することができます。

 

ダニ捕りロボレビュー

 

実際にベッドに置いてみました。
(私はトゥルースリーパーをベッドのマットレスの上に引いて寝ているので、その間に挟むようにして置いてみました。)
※設置季節は夏を少し過ぎた秋の始まりの頃でした。

 

 

 

・・・・・・・・そして1カ月。

 

本体ケースからシートを取り出してみてみました。

 

本来はダニ捕りロボの有効期間は3カ月なので、3カ月間は完全放置でいいのですが・・・・なんとなく気になって気になってみて見たくなってしまったのです。

 

というのも、2週間後くらいからか、明らかに「あれ?もしかしてダニいなくなってる?」と体感的に思っていたからでした。

 

 

ダニ捕りロボレビュー

 

と、どうでしょうか?

 

これ、何かが固まってる・・・・。

 

「はじめはこれ全部ダニ????」と思ってびっくりしたのですが、そういうわけではありませんでした。

 

中に入っていた吸湿性セラミック剤が固まったものでした。

 

でも・・・その中に明らかに黒いものある・・・これは?

 

 

ダニ捕りロボレビュー

 

そして2カ月後、いよいよ我慢ができなくなり、分解して中を確認してみることにしました。
(実際にはあと1カ月有効期限があるんですけどね)

 

ダニ捕りロボレビュー

 

と中の吸湿性セラミック剤を広げてみるとこんな感じ、黒いものがたくさん。

 

ダニはそんなに大きくはないので、黒いものがダニそのものではないのですが、これはダニにセラミック剤が絡みつき大きな粒になっているのかな?と思いました。

 

※正直この頃になると、自分がダニに悩んでいたの忘れはじめていました。だって・・・全然もう痒くなることがなくなってしまったので。

 

 

「でも、これ本当にダニなのかな?ダニは肉眼ではほぼ見えないって言うし・・・・」

 

そこで、この黒いものが本当にダニなのか、スマホに設置できる顕微鏡で念のため確認してみることにしました。

 

ダニ捕りロボレビュー

 

注意深く黒いものを拡大していった結果はこの画像です。

 

ダニ捕りロボレビュー

 

 

「絶対にこれがダニです!」とは断言はできませんが、やっぱりこれはダニにセラミック剤が絡みついたものだと思います。

 

「逆にこれがダニじゃなかったら何だろう?」って感じですしね・・・、としっかりダニを目で確認することができました。

 

 

 

このように、実際に私の家では、ダニ捕りロボの設置2週間後くらいから体に違いを感じ、1カ月〜2カ月では上のように目に見える形でダニが捕獲できました

 

ですので、どれを買えばいいか迷ったら「ダニ捕りロボを使っておけば間違いない!」と私は太鼓判を押せます。

 

本当に痒くなくなるので、もうダニ対策はこれだけで大丈夫。

 

めんどくさい掃除機での吸い込みや、天日干しなど全部もう必要ありません(これ意味ないですし・・・実は)。

 

子供に「ママなんか痒いんだけど」と言われることもなくなります!

 

このダニ捕りロボを置くだけ!で、ぜーんぶ解決です!

 

気になるのは値段だけ

 

というわけで、「ダニ捕りロボは」は本当に素晴らしい商品なのですが、1つだけ問題があるとすればその値段。

 

昔とは異なり、今は3枚で千円以下などかなり安いダニシートがドラグストアなどでも購入できるようになりました。

 

ダニ捕りロボでしっかりダニが駆除できることがわかっても、安いシートでも同じようにダニが捕れるなら当然そっちの方がいいですよね。

 

 

でも、私が実際に他のシートもいろいろ試した結果では、正直どれも「う…ん、微妙」という感じでした。

 

もしかしたら取れてるのかもしれませんが、ダニ捕りロボのように「これは確実に取れてる!」という実感はなく、実際に使用後のシートを確認してみてもダニらしきものを見ることはほとんどありませんでした

 

ですので、少し価格は高くても、やっぱりダニ捕りロボを選ぶのがいいんじゃないかな・・・と思います。

 

「ダニ捕りロボ」初回はケースと一緒に5枚セットで

 

ダニ捕りロボは、初めに次のセットで購入します。

 

ダニ捕りロボ初回セット

 

それぞれのサイズを必要に応じていろいろなところに置くことができます(初めての時は特にいろいろ置きたいので5枚じゃ足りないくらいかも・・・)。

 

ダニ捕りロボ初回セット

(※公式サイトより)

 

本体ケースは何度でも使うことができるので、次回からは中の誘引マットだけを購入すればOK(なので価格も割安になります!)。

 

ダニ捕りロボ初回セット

 

 

価格はこのセットで8,360円
次回からは誘引マットだけなので5,741円
1枚当たりで考えると1,148円と1,000円強くらい。

 

注意点として、このセットは通常のレギュラーサイズだけではなく、ラージサイズも2セットを含めての値段ということ。

 

ダブルベットやカーペットなど広範囲のものに使用する場合は本来なら2枚使う必要があるわけですから、実質(1枚分×3枚)+(2枚分×2枚)=7枚分と考えてもいいのかもしれません。

 

ダニ捕りロボ初回セット

 

さらにまた、定期購入のコースもあり、こちらで申し込みをすると、さらに割引価格で購入でき、特典もついてきます。

 

 

特典としては

 

  • 送料+代引き手数料が無料
  • 1P1円のポイントが貯まる
  • 4回に1回のプレゼント企画

 

定期コースは3カ月に1度のお届けで、回数縛りなどは一切ないので初回だけでも大丈夫。

 

ダニ捕りロボの誘引マットは3カ月ごとに取り換えになるので、この時期に合わせて送ってきてくれるという仕組みです。

 

余ってしまう場合は、お届け期間の調整やセット内容の変更などもできます。

 

ラージサイズは余ってしまうから、レギューラーサイズだけ5個ということも可能です。

 

裏技的に・・・
ちなみにラージサイズの本体ケースにレギューラーサイズの誘引マットを入れて使うというのもちろんできます。
はじめて使う時はしっかり一気に駆除するためにラージを使って、次回からはレギューラーサイズでというのもかしこい注文の仕方かも。
なので、初回セットのラージサイズの本体ケースは、「大は小を兼ねる」でかなり重宝するんです!

 

 

というわけで、確かに3枚1,000円などのダニシートに比べても、実はそれほど高くはないというのがわかっていただけたかと思います。

 

 

 

というわけで、「どうしても確実にダニをなんとかしたい!」

 

と思ったら、「ダニ捕りロボ」を選んで絶対に後悔はないと、太鼓判を押します!

 

本当におすすめですので、公式サイトをぜひ見てみてくださいね!

 

 

アレルギーなどダニが引き起こす病気なども本当に怖いです。

 

ダニ捕りロボなら、本当に置くだけでびっくりするくらい今までのダニの悩みが消えますので、にっくきダニ軍団を壊滅させちゃいましょう!

 

 

ダニ捕りシートランキング

実際に試したダニシートランキングです。


※価格は税込みです。


ダニ捕りロボ
ダニ捕りロボ

ダニ駆除製品の開発20年。圧倒的な研究の歴史が違います。
ダニを集めて乾燥させて死滅させるという駆除方法は特許技術で他の商品はまねできません
実際に、設置して1カ月も経たないうちにびっくりするくらいのダニを集めてくれました


少し価格は高く感じるかもしれませんが、絶対に後悔はしません。
はっきり言って随一です!これを選べば失敗はありません。

ダニ捕りロボ

捕獲方法 乾燥させて死滅(日米で特許取得)
効果の範囲 シングルベッドで1枚(レギュラーサイズ)
効果持続期間 3カ月
価格 定期購入:8,109円 5枚入り

レギュラーサイズ3枚、ラージサイズ2枚
(シートとカバー袋がセット)
※2回目以降はシートのみなので5枚5,569円

 

通常購入:8,360円+送料648円

1枚当たりの価格 1621.8円

(2回目以降は1113.8円)

1日当たりの価格 18円

(シングルベッドに1枚を使用した場合の価格)

備考 レギュラーサイズとラージサイズあり。

商品はいろいろと特典が付く定期購入がこの価格。
2回目からはシートのみなので5,569円でOK。
定期購入は一回のみでも解約可能。



ダニ捕りロボ




ダニピタ君
ダニピタ君

くねッとしたタオル地タイプでできているので、設置のしにくいところにもピタッとうまく収まります。
ぬいぐるみの間などに置くのには最適。
粘着シート力強めで捕まえたダニを逃しにくい。
定期購入だとかなり安く購入できるが、2回の購入回数縛りがある。
いろいろなところにちょこっとずつ置くのにはいいかも!

ダニピタ君

捕獲方法 粘着シートで生け捕り
効果の範囲 シングルベッドで1枚
効果持続期間 3カ月
価格 定期購入:3,980円 5枚入り

※定期購入は2回継続の条件有

 

通常購入:5,400円+送料550円

1枚当たりの価格 796円
1日当たりの価格 8.8円

(シングルベッドに1枚を使用した場合の価格)

備考 定期購入は3カ月毎。

2回は継続で購入という条件有







ダニ捕りシートDX
ダニ捕りシートDX

いろいろなドラッグストアなどで売っている市販のダニ捕りシートです。
価格も600〜700円程度なので、気軽に試すことができます。
ただ私の感想としてはダニ捕獲力はあまり期待できない気が・・・。
それほどダニに悩まされてはいないけど、対策として使いたいという場合には、価格的にいいと思います。
※企業サイト(株)東京企画販売

ダニ捕りシートDX

捕獲方法 粘着シートで生け捕り
効果の範囲 シングルベッドで1枚
効果持続期間 3カ月
価格 600〜700円くらい 3枚入り
1枚当たりの価格 200〜250円くらい
1日当たりの価格 18円

(シングルベッドに1枚を使用した場合の価格)

備考 一般的なドラッグストアなどで販売している。

市販では一番多く目にするかも。


ドラッグストアで購入





さよならダニー
さよならダニ―

捕獲方法は粘着シートタイプで他と同じですが、捕まえたダニが逃げないようにと特殊な立体構造でできています。
シートというよりもスポンジのような形状。
専用サイトでも購入できますが、最近はドラッグストアでも見かけることが多くなりました。
この洋服タンスに設置するタイプなどもあります。
逃がさない仕組みという構造は新しいなーと思ったのですが、私の実感ではそもそもあまりダニが集まってこないようなというのが実感でした。

さよならダニ―

捕獲方法 粘着シートで生け捕り
効果の範囲 シングルベッドで2枚
効果持続期間 3カ月
価格 1,485円 4枚入り
1枚当たりの価格 371.25円
1日当たりの価格 12.37円

(シングルベッドに2枚を使用した場合の価格)

備考 立体形状のシートが4枚。切り離して使う。

個別包装ではないので、使用しない分は誘引剤が薄れないように保管。
公式サイトや一般のドラッグストアでも販売されている。






ダイソーダニキャッチシート
ダイソーダニキャッチシート

100円ショップダイソーのダニ捕りシートです。
1枚100円はやっぱりうれしいのですが、ほとんど効果は感じられなかったかも・・・。
ただこの値段なので、高いシートを使うほどではないところに試しに使ってみるのはアリ。

さよならダニ―

捕獲方法 乾燥させて死滅
効果の範囲 特に記載なし
効果持続期間 3カ月
価格 110円 1枚入り
1枚当たりの価格 110円
1日当たりの価格 1.2円

(シングルベッドに1枚を使用した場合の価格)

備考 ダイソーで売っています。

ダニよけシートというのもあるので間違えないように。
他の100円ショップでも同じような商品が出ているかも。


ドラッグストアで購入





TOPへ