お気に入りの歯磨き粉、ありますか?

みなさんはお気に入りの歯磨き粉がありますか?

 

「どれでも同じじゃないの?安いのでいいよー」
「ずっと使っているからこれでいいやー」

 

とか思っている方もいるかもしれませんが、案外深い、歯磨き粉の世界。

 

歯を白くしたいホワイトニング用や、口臭予防のスッキリタイプ、歯周病が気になりだした方用や、虫歯予防のフッ素タイプ、そして子供のおすすめな歯磨き粉などその種類もいろいろです。

 

また人気があるからと言っても、辛すぎたり、味が苦手だったりと、本当に歯磨き粉って色々なんですよね。

 

 

当サイトではそんな歯磨きをを目的別にいろいろ紹介しています。

 

 

私は、歯科関係の人では全然ないのですが、歯磨きが趣味なんです。

 

というのも、歯並びも悪くて歯垢がつきやすく、歯医者に行く度に怒られていたんです。
赤い歯垢を染めるテストみたいなのをすると、しっかり磨いていったはずなのに、磨き残しで真っ赤・・・。
「全然磨けてない!」と。

 

もう、怒られるのも嫌だし・・・・と、歯磨きをめちゃくちゃ頑張るようになったのです。
今は、普通に磨いたり、電動ブラシも使ったり、部分ブラシも使ったり、デンタルフロスや糸ようじも使います。

 

そして歯磨き粉も何種類も使ってます。

 

ちょっとした歯磨きマニアになっています。

 

そんなわけで当サイトでは私が今まで使ったものを中心におすすめの歯磨き粉や歯ブラシを紹介しています。

 

また、歯に関する情報などもいろいろ掲載していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

しっかり自分の歯を守りましょう!!

 

あなたの歯は健康ですか?

 

 

歯に関しては、痛みを感じたり虫歯になったりしない限り、どういう状態なのかを気にすることは少ないでしょう。
とりあえず、毎日きちんと歯磨きをしていてトラブルがなければ健康と思ってしまいがちですが、歯や口内環境の健康というのは、単に歯磨きをするだけでは守れないこともあります。
実は、疲労やストレスが溜まったり、睡眠不足だったりするとその影響が口内にもダメージを与えて、口内環境を悪化させるのです。
口内がダメージを受けると、抗菌作用を持ち菌の繁殖を防ぐ働きをしている唾液の分泌量が減少します。
24時間、抗菌作用で口内の細菌と戦っている唾液が減るということは、それだけ虫歯菌の繁殖率が高くなりますから、歯磨きだけでは虫歯を防ぐことができないのです。

 

虫歯というのは、切り傷や打撲など瞬発的に受けるダメージとは異なり、少しずつ進行していきます。
極端な例で言うと癌と同じで、超初期段階では何の自覚症状もありません。
そのため、痛みが発症した時点では虫歯が進行していることになり、さらに虫歯菌や歯周病菌も繁殖している状態になります。
虫歯の治療は削って治すのが一般的ですが、菌が繁殖していたり、繁殖しやすい口内環境だとまたすぐに虫歯になってしまいます。
そしてまた痛みが発生して治療で削り、一時的に治すことはできても、また痛みが発生するという悪循環が続きます。

 

もちろん歯磨きをすることは、歯の汚れを取るためにも、口内の細菌を減らすためにも必要なことですし、虫歯を防ぐ効果もあります。
ですが、それだけで口内環境を良好に保てるわけではありませんから、歯の状態というのは毎日きちんとチェックする必要があるのです。
知識がないと虫歯の兆候を見分けるのは難しいですが、痛みだけが虫歯の症状ではありません。
歯の表面がくすんで白濁していたり、黄ばんだり茶色がかっていたりした場合は、虫歯菌に汚染されているかもしれません。
これはよく見なくては分からないことですし、小さい変化ですが、この段階なら大掛かりな治療をしなくても済みます。

 

トラブルがなければ意識することはありませんが、自分の歯で一生過ごすというのは大変なことです。
後期高齢者の総入れ歯の割合は3人に1人と言われるぐらい、年を重ねるほどに歯の喪失の割合は高くなります。
入れ歯や義歯になると、食べるのが不自由になるだけではなく、かみ合わせのせいで頭痛や肩こりなども起こります。
ですので快適な生活を送るためにも、虫歯がないというだけで油断せず、歯や口内環境に気を配って虫歯にならないようにしっかりとした知識をつけておきましょう。

 

 

歯磨き粉の選び方

 

ドラッグストアなどにはたくさんの歯磨き粉が並んでいますし、値段もお手頃なものから高額なものまで幅があります。
多くの場合、コマーシャルでよく見かけるお手頃価格のものを選んでしまいがちですが、歯磨き粉にはそれぞれ使う目的に合った成分が配合されています。
あまり意識はしませんが、虫歯予防や歯周病予防、歯を白くするなど、歯磨き粉に求める効果も人それぞれに違いますから、自分の目的に合ったものを選びましょう。

 

歯磨き粉に求める効果の中でももっとも多いのは、やっぱり虫歯予防です。
虫歯になりやすい人や治療中の方はもちろん、虫歯になったことがない方でも虫歯予防は歯磨きの一番の目的ではないでしょうか。
虫歯予防に必要なのはフッ素なので、フッ素の濃度ができるだけ高いもの、最低でも950ppmは含まれているものを選ぶのも大切なポイントです。
成分表示では、フッ化ナトリウムやモノフルオルリン酸ナトリウムとなっているので、これらの成分が配合されているものを選びましょう。
また、合成ビタミンKも虫歯の発生を防いでくれますから、チェックしてみてください。

 

歯周病は虫歯になりやすく、また歯を喪失する一番の原因になりますから、特に高齢になると歯周病予防効果を求める方も多いでしょう。
歯周病というのは、プラークが溜まることによって歯周病菌が繁殖することで発症します。
歯周病菌によって弱った歯茎は血行が悪くなり、ダメージを回復する力がなくなります。
ですので生薬や薬効成分が配合された薬用歯磨き粉を選んでください。
薬効成分には血行を促進したり、菌の繁殖を防いだりする効果があるので、歯周病の改善や予防に効果的です。
具体的な成分だと、トウキ軟エキスやトラネキサム酸、アラントインが配合されているものがオススメです。
歯周病に加えて歯肉炎や口臭が気になる場合は、塩化ナトリウムやグリチルリチン酸ジカリウム、ビタミンEなどが入っているのがいいでしょう。

 

ホワイトニングしたいという方は、とにかく歯垢がつかないようにすること、除去することがポイントです。
そのためには、歯垢を除去したり付着を防ぐデキストラナーゼが配合されている歯磨き粉を選んでください。
もしタバコのヤニのせいで歯が黄ばんでいる場合はポリエチレングリコール、ヤニや歯石を取りたい場合はポリリン酸ナトリウムが入っている歯磨き粉にしましょう。

 

このように歯磨き粉も配合されている成分によって効果が異なるので、自分が求める効果を見極めて選ぶのが正しい選び方になります。

 

TOPへ