歯の病気、歯周病や歯肉炎について

歯の病気と言えば真っ先に虫歯が思い浮かびますが、実は他にも注意したい病気があります。
それは、コマーシャルなどでも耳にすることがある歯周病という病気です。
歯周病とは、歯茎やその土台となっている骨が、菌によって発症する炎症などによって浸蝕される病気です。
炎症が進行すると膿が出たり腫れ上がったりして、歯を支える土台が崩れてしまうため、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病と同じくよく耳にする病気で歯槽膿漏がありますが、歯槽は歯を支える歯槽骨のことで、ここから膿が漏れる膿漏の症状が起こるので、歯周病が進行した状態が歯槽膿漏となります。

 

歯周病の怖いところは、放っておくと歯が抜けてしまうことでしょう。
若い方だとあまり意識しないかもしれませんが、実は30代以降の約80%がかかっていると言われる国民病です。
歯周病には歯槽膿漏以外にも、歯肉炎や歯周炎などの種類があります。

 

歯肉炎とは、歯槽骨までは炎症が広がっておらず、歯茎のところだけ炎症が起きている状態です。
歯茎というのは基本的に綺麗なピンク色をしていますが、歯肉炎になると赤く盛り上がったような症状が起こります。
本来なら歯茎はきゅっと引き締まっているのが正常ですが、炎症が続くとぶよぶよになっていきます。
そのため歯ブラシなどで強くこすったり、固いものを食べたりすると出血が起こることもあります。
この段階では痛みはほとんどないものの、歯茎の色や状態に変化が起こりますから、早めに歯医者さんで治療を始めましょう。

 

歯肉炎が進行すると歯周炎が発症しますが、これは歯槽骨まで炎症が広がり、歯と歯肉の境目に大きな溝、いわゆる歯周ポケットができてしまう症状です。
歯周ポケットというのは、周りを歯肉と歯で囲まれているので普通に歯磨きをするだけでは綺麗にすることができません。
そのため細菌にとってはものすごく住みやすい環境であり、歯周ポケットの中でどんどん繁殖します。
歯周ポケットの内部で菌が繁殖すると、歯の根元部分や歯肉に炎症が広がってしまい、やがて歯槽骨自体が破壊されることになります。
歯周病になると歯槽骨が浸蝕されるだけではなく、歯周ポケットに膿が溜まり口臭がきつくなります。
また、歯肉の炎症が続くとダメージで痩せてしまうため、歯が長くみえるようになります。
最終的には歯を支える土台全体が壊れてしまいますから、歯がグラグラしたり、最悪の場合は抜けてしまいます。

 

歯周病は進行すればするほど治療が難しくなるので、虫歯はもちろん歯周病にも気をつけなくてはいけません。

 

 

TOPへ