虫歯の進行について

虫歯と言っても、口の中に虫がいて歯を浸蝕するわけではありません。
口内には100種類以上の常在菌が存在していますが、その中に虫歯菌と言われる菌もいます。
食事などによって虫歯菌に糖質がくっつくと、プラークと呼ばれる粘着性のある菌体内多糖が繁殖していきます。
このプラークは糖質を発酵させる働きを持っているため、プラークの内部ではどんどん酸が生成されていき、この酸によってカルシウムなどが溶かされて虫歯の状態を引き起こします。
酸が作られても唾液によって中和され無害化するものの、プラークが繁殖しすぎていたり、唾液が十分に分泌されないと治療をしない限り虫歯は進行していきます。

 

虫歯の進行状態というのは、CO、C1、C2、C3、C4の5段階に分かれています。
COは初期段階を現すもので、歯の表面のエナメルが少しずつ溶けている状態です。
COの段階で治療をすれば、溶けた部分を再石灰かできるので削ったりしなくても治癒させることができます。
C1はエナメルが溶けた部分が黒っぽくなった状態ですが、黒といってもとても小さい穴なのでまだ目立ちません。
エナメルが完全に溶けて穴が空いているため再石灰化はできませんが、少し削れば治ります。
C0とC1の段階はまだ痛みはありません。

 

C2になると、エナメルの下の象牙質の部分まで溶けている状態になります。
象牙質というのはエナメルよりも柔らかいため、ここまで虫歯が達すると一気に進行が始まります。
C2は冷たいものや熱いもの、甘いものなどを口にすると、染みてしまうため痛みを感じるようになります。
C3は象牙質の下にある神経に虫歯が達してしまうため、炎症が起こって強い痛みが発生します。
多くの場合、この段階になると治療を始めます。

 

C4は虫歯の最終段階で、エナメルや象牙質など歯の上部はほとんど溶けた状態になり、神経など根っこしか残っていません。
食べたり飲んだりすると、それらがダイレクトに神経に触れてしまうため物凄い痛みが起こります。
この状態でも治療を怠ったり、生活習慣の改善を行わないと炎症によって神経が死滅します。
神経が死ねば痛みはなくなりますが、虫歯菌の繁殖が終わるわけではないため、歯肉などまで炎症が広がって膿ができます。
ここまで進行すると抜歯するしかなくなります。

 

一般的にはC2、C3の段階になれば歯医者さんに行きますが、治療中でも痛みが治まることがあります。
しかし完治させないとC4まで進行することもありますから、治療は最後まできちんと行いましょう。

 

 

TOPへ