歯科矯正について

矯正歯科というのは、簡単に言ってしまうと歯並びを治して綺麗に整えてくる治療です。
歯並びと一口に言っても症状は人によって異なります。
乱杭馬や八重歯などの叢生状態、上下の歯のかみ合わせが悪い上顎前突、下の顎が出すぎている反対咬合などいろいろな症状があるので、症状に合わせて適切な治療を行うのが矯正歯科です。

 

正しいかみ合わせが出来ないと、食べ物をきちんと咀嚼できませんから、栄養が偏ってしまいます。
それに歯並びが悪いと、磨き残しが多くなりやすいので虫歯など口内トラブルのリスクも高くなります。
このような事以上に辛いのは、歯ががたがたの生え方をしていると、笑顔に自信が持てなくなったりコンプレックスになったりして、人とのコミュニケーションに支障が出ることかもしれません。
いずれにしても、歯並びは健康にも美容にも、そして精神的にも大きな影響を与えることなので、矯正歯科はとても重要な役割を持っていると言えます。

 

矯正歯科の治療に使う矯正装置は、歯並びの症状によって違ってきますが、大きく分類すると医師が装着して固定する装置と自分で取り外しができる装置の2種類になります。
固定する装置はマルチブラケット装置がスタンダードで、歯1本1本にブラケットという金属器具を装着し、細いワイヤーを通して固定します。
最近はプラスチックなど透明のブラケットもありますから、昔の矯正装置よりは目立たなくなっています。
自分で着脱できるものは、基本的に症状が軽度の矯正に使われますが、いずれにしても矯正歯科で決められた方法を守って矯正しなくてはいけません。

 

治療期間も人それぞれ違うものの、早くて1年、長い人だと3年というのが平均です。
ただし、歯だけではなく顎の骨自体が歪んでいたり、大きさのせいでかみ合わせが悪くなっている場合は、数年の治療期間がかかると言われています。
通院の頻度は1ヶ月に1度ですが、歯が元の位置の戻ろうとする力が働くため、装置を外してからもしばらくは通う必要があります。
また装置をつけていると虫歯になりやすいので、ブラッシング指導も受けなくてはいけません。
強制的に歯の位置を固定するため多少の痛みや違和感はありますが、昔と比べるとかなり改善されています。
例え痛みがあっても、2日から3日ぐらい経つと慣れてくるので、治療に関して心配する必要はないでしょう。

 

矯正歯科は基本的に保険適用外になるため、治療費は平均70万から100万円ぐらいかかると言われています。
ですので気軽にできる治療ではないものの、かみ合わせが悪いとあらゆる悪影響が及ぼされますから、一度歯科医に相談してみましょう。

TOPへ