失敗しない歯医者選びのコツ

歯医者はたくさんありますが、腕が良いかどうかは医院によって異なります。
いくら歯科医の資格を持っていても、経験はもちろん患者への対応や使用する器具、治療の方法がすべて同じということはありません。
一般的には通いやすさや予約が取りやすいかどうかで歯医者を選びがちですが、一度通いだすと自分が気に入らなくてもそこに通い続けることになります。
ですが、歯医者は単に虫歯の治療だけで通うのではなく、虫歯が治っても歯科クリーニングなど定期的に通うことが多いです。
気に入らない歯医者に通うのは気が重いですし、そのせいで足が遠のいてまた虫歯がひどくなることもあるので、歯の痛みが起きてから慌てて歯医者を探すのではなく、事前にお気に入りの歯医者を見つけておきましょう。

 

お気に入りの歯医者を見つける方法は、電話してみること、そして実際に行ってみることです。
ちょっと面倒くさいかもしれませんが、受付の対応の仕方を確認したり、自分で歯の治療を受けてみないと自分との相性は分かりません。
ですので、気になる歯医者や評判が良い歯医者があったら、まずは電話をしてみましょう。
特に虫歯はないという方でも、治療などに関する質問をしてみるといいでしょう。
診療時間や待ち時間の長さ、治療費はいくらぐらいか、虫歯にならないためのケアを受けられるかなどを聞いてみてください。
この時、丁寧に対応してくれるようであれば、とりあえずは信頼できる歯医者と言えるでしょう。

 

次は歯科クリーニングもしくは治療をしてもらいます。
この時、治療器具の衛生面や治療の説明があるか、治療器具がきちんと揃っているかなどをチェックしてください。
その上で医師と自分の相性を確認するといいでしょう。
歯科医も人間ですからいろいろな人がいるものの、患者目線で対応してくれるかどうかがとても重要です。
患者の意向も聞かずに勝手に治療を進めたり、歯の状態を説明しなかったりというのは言語道断です。
歯の治療は大人でも不安がありますし、痛みに極度に弱い方もいるのですから、患者の要望を事前に確認してくれたり、コミュニケーションが取りやすい医師を選ばなくてはいけません。
そのためにも実際に治療もしくはクリーニングなどを受けてみて、相性を確認することがお気に入りの歯医者を見つける方法の鉄則と言えます。

 

ただ忙しくて行く暇がなかったり、なかなか予約が取れないという場合はインターネットで情報集めをして、口コミや評価を細かくチェックしておくことが大切です。
虫歯の場合、最初にレントゲンを撮ったりするので初診料がかなりかかりますから、事前にしっかり調べておきましょう。

 

 

 

小児歯科はどう選ぶ?

 

大人でも歯医者が大好きという人は少ないのですから、子供にとっては歯医者は恐怖でしかありません。
ですので、子供が歯医者が嫌いなのは当たり前です。
と言っても、虫歯ができたらもちろん、虫歯にならないようにフッ素を施術してもらうためにも歯科医通いは必要です。
歯科治療は無理にすると危険ですから、あまりにも嫌がったり大泣きしてしまったらいくらお医者さんでも何もできませんから、事前に対策をとってきちんと通えるようにしましょう。

 

まず絶対に守らなくてはいけないのが、「歯医者さん」というワードを使って脅さないことです。
子供が歯磨きを嫌がったり、甘いものばかり食べていると、つい「歯医者さんに連れて行くよ」と言ってしまいがちです。
このような言葉を聞くと、歯医者イコール怖いという気持ちが根付いてしまうため、本当に通う必要が出来たときに子供が嫌がってしまいます。
また、親御さんが歯医者に通っている場合、会話の中で「今日は歯医者だから憂鬱」「麻酔が痛い」というようなネガティブな発言をしないようにしましょう。
子供でも言葉や雰囲気を理解しますから、歯医者に対してより一層不安な気持ちを持つことになります。

 

こういったことに気をつけた上で、歯医者に行くことのメリットを伝えましょう。
「歯医者さんは虫歯と戦ってくれるんだよ」「痛くなくなれば美味しいものをたくさん食べれるよ」など、明るく前向きな言葉をかけることは一番の対策になります。
また、小児科専門の歯科医なら、キッズコーナーも充実しているので待ち時間を楽しく過ごせます。
子供が気に入ったおもちゃがあればラッキーですから、できるだけ間をあけずに行くようにするといいでしょう。
医院によっては、いきなり治療を行うのではなく、歯医者になれる練習をしてくれるところもあります。
診察台に座ったり、口を開ける練習などをすることができれば恐怖心も薄らぎます。

 

それでもどうしても歯医者を嫌がったら、ご褒美をあげるという方もいるようですが、この対策はできるだけ避けた方が賢明です。
好きなおもちゃなどを買ってもらえるとなると、家での虫歯予防が困難になってしまうこともあります。
ですので、物で釣るのではなく、歯医者にいけたら思い切り褒めることが適切な対策です。
自分に自信をつければ、次も頑張る気力につながりますから、おじいちゃんおばあちゃんなどたくさんの人に褒めてもらえるように手をうっておきましょう。

 

子供は自分の歯の管理ができませんから、大きくなるまでは親がきちんと子供の歯を管理しなくてはいけません。
そのためにも歯医者が好きになれるように、きちんと対策をとってあげましょう。

 

 

TOPへ