電動歯ブラシの正しい使い方と選び方

ここ数年、電動の歯ブラシをよく見かけるようになりましたし、虫歯の情報などを調べていると電動歯ブラシを使うのはとても効果的ということも目にします。
では、実際のところどうなのかといえば、良いとも言えるし手磨きと変わらないとも言えるのが実情です。

 

電動の歯ブラシはどんどん進化していますし、歯科医の監修で開発された商品もあるので、確かにしっかり歯の汚れを落とす効果はあります。
落とす力も強力ですから、手磨きよりも綺麗に磨けます。
ただし、虫歯になるかならないかは磨く強さだけで決まる訳ではありません。
いくら綺麗に磨けても、歯と歯の隙間や歯茎との隙間に磨き残しがあれば、歯垢が溜まって菌が繁殖することになります。
電動の歯ブラシと言っても、汚れを感知して磨く機能はないですから、自分の手で的確に歯に当てて行く必要があります。
例えば、食洗機はあらゆる方向から水圧の高いぬるま湯が噴射されることで食器の汚れを落とします。
しかし食器の形状やデザインによっては細かい溝があり、こういった隙間の汚れは落ちませんし、カレーやミートソースなどの頑固な油汚れが残ることもあるでしょう。
電動の歯ブラシもこれと同じで、ブラシが当たった部分の汚れしか落とせません。
つまり、電動でも手磨きでも、完璧に磨き上げるためには当て方が重要になるので、電動の歯ブラシが良いとも悪いとも言えないのです。
ただ逆に言えば、当て方さえきちんとマスターしておけば、手磨きよりも効率よくちゃんと汚れを落とせる効果が期待できるので、その分虫歯のリスクも低くなります。

 

電動の歯ブラシはいろいろな種類がありますが、より効果の高いものを選ぶならまず回転ヘッドというのが基本です。
横や縦にしか動かないものだと、当て方を工夫しても磨き残しが出ることが多いです。
回転ヘッドなら、ブラシを当てた部分をまんべんなく磨くことができますから磨き残しがありませんからおすすめです。
ただ、歯が薄かったり知覚過敏などの症状が出ている場合は、普通の電動の歯ブラシだと傷がついてしまうかもしれません。
また歯肉炎などが発症していると刺激が強いので、電動歯ブラシでも音波水流などで磨けるものを選ぶといいでしょう。
音波で磨ける電動歯ブラシなら、不必要に歯や歯茎を傷つけることがないので、トラブルを悪化させる心配もありません。

 

いずれにしても、電動の歯ブラシは適当に使っても効果が得られませんから、歯科医に正しい使い方を指導してもらうことが効果を得るポイントです。

 

 

 

TOPへ