入れ歯について

入れ歯と言えば、高齢者の方がかぽっと口に嵌めるイメージがあるでしょう。
ですが入れ歯にもいくつか種類があり、形態の違いで言うと総入れ歯と部分入れ歯の2種類に分かれます。
総入れ歯はイメージ通り、すべての歯が失われてしまった場合に使われるもので、もともとの自分の歯を元に歯茎まで一体化して作られます。
保険適用の総入れ歯は義歯床がレジン床義歯というプラスチック製の義歯床なので違和感が強く、隙間に汚れが詰まったり食べたものが挟まったりしやすいというデメリットがあります。
その反面、熱に強い性質があるので煮沸消毒ができるというメリットもあります。
ただ日常生活で違和感を感じやすいため、保険適用外の金属床義歯を使う人が多いようです。
金属床義歯にもゴールドプレートやチタンキャストプレート、コバルトクロムプレートなどの種類がありますが、どれも安定性が高いのに違和感が少ないことで人気があります。

 

部分入れ歯というのは、一部の歯だけ失われている場合に使われます。
極端に言うと、歯が1本でも残っていれば部分入れ歯で対応することができます。
保険が適用されるのは金属のクラスプというバネで自分の歯に固定する部分入れ歯ですが、前歯などに使うと目立ってしまうのがデメリットです。
また、クラスプは歯への負担が大きいので、保険適用外であっても歯茎に樹脂で装着するものや、残っている歯に入れ歯をかぶせるコーヌス・テレスコープ義歯などを使うのが一般的です。

 

そして最近利用者が増えているのが、入れ歯とは構造が異なりますが同じ効果があるインプラントです。
インプラントは、人工的に作られた歯根を埋め込んで、上から差し歯をかぶせるという治療法です。
歯根を埋め込むので抜群の安定感がありますし、1本1本施術を行いますから入れ歯のような違和感もありません、
自分の歯と同じように扱えるのでお手入れも楽な上に、見た目もとても綺麗に仕上がります。
ただし、その分お値段が高いのがデメリットで、平均すると100万円以上はかかってしまいます。
保険適用の総入れ歯で3万円ぐらい、適用外でも安いものなら30万円ぐらいで済みますから、インプラントがどれぐらい高いか分かるでしょう。

 

このように、入れ歯にはいろいろなバリエーションがありますし、昔のようにいかにも入れ歯というのも減って不自然じゃないものも増えています。
お値段も大事ですが毎日使うものですから、自分が快適に過ごすためにも、専門知識をきちんと持っていて自分に合った入れ歯を提案してくれる歯科医のもとで作るようにしましょう。

 

TOPへ