正しい歯の磨き方

虫歯菌や歯周病菌を繁殖させないためには、毎日の歯磨きはとても重要です。
ですが、歯の汚れやプラーク(歯垢)は、単に強く磨いたり、長時間磨いたりすれば落ちるというわけではありません。
また不必要に強く擦ったりすると、歯の表面や歯茎を傷つけてしまい、余計にトラブルが起きやすくなってしまうので、正しい歯のブラッシング方法をきちんと身につけましょう。

 

正しいブラッシング方法の基本は、磨く順番を守ることです。
まず上あごの右側から始めて、上の前歯を通り、左側の上あごの表裏を磨きます。
次に下あごの右側の表裏を磨いたら、下の前歯の表裏を磨き、最後に左側の奥歯までを磨いてください。
順番はあまり気にすることがないと思いますし、ざらついたり何かが挟まったような感覚がある部分から磨き始める方も多いでしょう。
ですが、ランダムに磨いてしまうと磨き残す部分も出てきます。
特に奥歯と前歯の間の部分の歯は磨き残してしまったり、丁寧に磨かないことが多いので磨く順番はきちんと守るのが正しいブラッシングの基本です。

 

次に重要となるのは、歯ブラシの当て方です。
これを間違ってしまうと汚れがついたママになってしまうので注意しましょう。
歯の表面は垂直に当てることが多いですが、歯に対して少し斜めにするのが正解です。
毛先でまんべんなくこすり落とすようなイメージで磨いてください。
歯と歯茎の境目の部分は、45度ぐらいの角度で当てます。
隙間から毛先で汚れをさっさっと掻き出すようにして磨くといいですね。
かみ合わせの部分は、歯に対して垂直に当てるようにして、少し強めに汚れをしっかり落とします。
前歯の表や奥歯の裏側は、毛先の先端部分を当ててブラッシングしていきましょう。
ブラッシングするときは、縦方向だけではなく、横や斜めに動かしたり、小さい円を描くようにして磨くことも大事です。
単に歯ブラシを当ててこするだけだと、一部の汚れしか落とすことができないので、当て方もしっかりマスターしてください。

 

磨き順と当て方を覚えたら、後は1本ずつ磨いていきます。
歯磨きは毎日の習慣で、ついおざなりに全体的に磨きがちですが、1本1本磨くように心がけることが大事です。
歯は歯茎の部分も含めてでこぼこが多く、隙間に汚れが残りやすいですから、1本の歯の前面、裏面、歯と歯の隙間、歯茎との隙間をきちんと磨きましょう。
ちなみに、歯ブラシはじぇ差樹が少しでも開いてきたら取替え時なので、もったいなくても1ヶ月に1回を目安に取り替えてください。

 

 

 

 

 

 

TOPへ